犬と花嫁

 

島へ島へと

胃のと花嫁

与那国に伝わる「いぬがん」の話は、池間栄三氏の「与那国の歴史」にあっても、古代の雰囲気を漂わせている。久米島から琉球中山王への貢物を積んだ船が出航したというから、中世のはなしであろう。離島に流れる時間は、沖縄本島に流れるものとも、またヤマトに流れるものとも、まったく違っている。それがまたおもしろいところである。

琉球王朝への進貢船は、嵐のあって行き先を失い、漂流をする。何日の何日の大海原を漂い、ようやく島影をみつけた。さっそくこぎ寄せていき、上陸すると、よさそうな無人島で、ある。そこが与那国島である。

伝説の中で、与那国島が無人島として何度も登場するのだが、不思議である。長雨が降り、火が降り、大津波があり、大災害にみまわれ、ごく少数の人が生き残る。生き残った人が与那国島の祖だというのだが、何人も始祖がいることになってしまう。災害にみまわれたのは何度もで、そのたび少数の人が生き残り、そこから派生した幾系統かの子孫たちが、それぞれの島建ての物語を語り伝えてきたのかもしれない。「いぬがん」の始祖は久米島の女である。久米島の一行は全員で何人かはわからないのだが、一人の女と一匹の犬がまじっていた。小屋を建て、海や山で獲物をとって生活をはじめた。ところが男が一人ずつ姿を消してゆく。どこにいってしまったのか、まったくわからないのである。

最後に残ったのは、女と犬であった。男は一人ずつ犬に噛み殺され、死体を始末されていたのだ。必然の結果として女と犬は暮らし始めた。暮らしたその場所を「いぬがん」といい、異類婚の話として伝わっている。これは与那国がまだ人間による文化の世界にはいりきっておらず、自然と文化とがどちらがどちらに屈服するというのではなく、並列的に存在したことを示している。だが、子どもが生まれなかったから、自然と文化と両義的な存在として人間が存在していたのではない。「てだん・どぐる」「どなだ・あぶ」「ながま・すに」の島建ての伝説に共通するのは、圧倒的な力を持った自然に人間が傷めつけられ、かろうじて命をつなぐという話である。「いぬがん」に至っては、自然と人間が並列ではあるが共存しはじめたということが、文脈から読みとることができる。

女と犬とは性的な交渉があったとみるべきである。犬がライバルである男を一人ずつ殺していったのだから、犬のほうから女にアプローチがあったとみるべきだおそらく犬は幸福だったが、女も同時に幸せであったとは書かれていない。ここには暴力による恐怖支配があったのかもしれない。

ここに小浜島の男が突然登場する。小浜島の男の漁師が、一人小舟で潮干狩りに出かけ、荒天にあって漂流したという。小浜島は石垣島と西表島の間にある小島で、船を自由自在にあやつる漁夫がいたということは、すでに文化的な生活をしていたということである。沖縄本島には中山王がいて、久米島から貢物が運ばれたというから、琉球王朝に属する島々にも文化の発達の程度にはばらつきがあったのである。それらの島々の中でも、与那国島はまったく自然のもとにあったということである。

与那国島に漂着した男は「いぬがん」にいき、女に会う。女はたいそうな美形であった。ここには猛犬がいて危険だから逃げるようにと、女は懸念にさとす。犬はちょうどどこかに出かけていたのだ。男は島を去ったふりをして木に登り、犬がやってきたところに銛をうつ。犬はなお向かってきたのだが、男は木から跳びおりて、蛮刀で切り殺した。

小浜島の男がこんなにも危険なことをしたのは、女が久米島美人だったからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA