原点に立つ

 

島へ島へと

原点に立つ

立場上の責任があるのだろうが、人間として誰が悪いというのではない。それぞれの立場で、みんな与那国島のことを考えているのだ。しかし、沖縄県の世論では、こんあに失業者が県内に多いのに、どうして県外の労働者をいれるのかと考えている人がある。与那国島では砂糖キビ畑で働いている援農隊が喉から手が出るほどに欲しいのだが、与那国農協がよかれと思った外への投資が、思いもかけず挫折をし、援農隊の受け入れが資金的に不可能な状況に追い込まれてしまった。

援農隊代表藤野浩之さんの著書「与那国島 サトウキビ刈り援農隊—私的回想の三十年」によれば、善意ではじめたことが、大変な困難に巻き込まれてしまったようだ。

混乱が混乱を呼び、石垣島の日刊紙「八重山毎日新聞」に「援農隊が与那国農協に百万円の損害賠償請求へ」という根拠のない記事がでた。もちろん藤野さんたちはそんな気持ちはなかった。またされるのではないかと地元では畏れていて、憶測がそんな記事を書かせたのであろう。実際藤野さんや黒田さん等援農舎をボランティアでははじめた人たちは、すでにたくさんの身銭を切っていた。出発を延期するよう与那国農協から電報が届いたのは、出発三日前であった。すでに家を出て、連絡をとれない人もいた。それで出発日に晴海埠頭にいき、事情を説明した。援農隊の労働期間はほぼ三カ月で、サラリーマンをしながら有給休暇で参加するというわけにはいかず、これに人生を賭ける人もいたはずである。つまり、人生の設計計画が狂ったということであった。援農隊の出発予定は一九七六年一月一日であった。与那国農協から出発延期要請の電報がはいったのは一月八日で、そこからめまぐすしい動きに巻き込まれた。そんな中で援農舎ではあっちこっちに連絡をとり、また手を差しのべてくれる人もあって、石垣島製糖や小浜島で受け入れてくれることになった。

藤野さんたちの決断で、一月三十日にとりあえず出発することになった。不確定要素もたくさんあったのだが、それ以上遅らせるとその年の操業には間に合わなくなる。また伊江島でも受け入れてもらえるようであった。あたふたしているところに、与那国島での製糖工場での操業が決定された。製糖工場が動かなければ、与那国島の主産業の農業は壊滅的な打撃を受けるのである。とにもかくにも援農隊は、予定より三週間遅れて出発することになった。全日空が正規料金の半額で乗せることを了承してくれた。船で行けば一週間はかかり、またまた遅れることになる。この時点で、自宅でじっと待機している人たちがいた。与那国島からの要請は八十人であったが、五十人がすぐに集まった。残りの三十人は、選考から漏れた人に再度連絡をとることにしたのである。

この記録を今読み返してみるて、私は藤野さんたちの与那国島への絶対的な愛情を感じるのである。昔から私は藤野さんの人なりをよく知っているのだが、この困難きわまりない状況の中で、原点を忘れなかったことはまことに立派であると思う。普通なら藤野さんたちは与那国農協に裏切られたのであり、ここで計画が終わっても仕方のないことだ。この点は大いに学ぶべきである。藤野さんは共同通信社に勤める新聞記者だ。彼は有給休暇をとり、援農隊の参加とともに沖縄に飛んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA